株主情報

2015年07月09日

DVx 社員は語るⅥ

今日、書籍が届いたのだが、少し読んだだけで、
「あぁ、これはいい会社だな」と思った。

社員の体験談は、会社を身近に感じさせる。

今のところ、上昇率も小さく、
優待株の位置づけで、
200株以上保有する気はないが、
1000株優待とか新設されたら、
おそらく買い増ししてしまうだろう。

他の会社がやっていないであろう、
この書籍贈呈の効果は絶大で、
文字が読め、ある程度の資産の持ち主なら、
おそらく株を売る気がなくなるだろう。

問題は、東証一部上場記念の、
この書籍の贈呈をいつまで続けるかだろう。

優待が廃止された途端に売りたくなる株があるように、
この書籍が届かなくなったら、
社員の熱意が薄れたとか勘繰って、
急速に売りたくなるかもしれない。

ただ、別の視点では、毎年この調子で来たら、
ちょっと飽きるかなとも思った。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 株ブログ 中長期投資へ



fhiyoshi at 21:39|PermalinkComments(0)

2015年06月19日

ピープル 第38期 株主通信 序文

(今日来た株主通信の序文が、割と趣味に合う、面白い文章だったので、一部転載する。)

 ピープルは、いわゆるベンチャー型企業です。ベンチャー企業とは研究・開発・能力の集約的発揮を意図する新規企業をいうのだそうです。それなら、何も今にはじまったものではありません。昔からある出版社や映画のプロダクション、ファッションの開発会社等は、皆、ベンチャーだし、ウォルト・ディズニーは近代的ベンチャーのはしりといえます。私たちは、それを玩具でやっています。

(略)

 ベンチャーは人だけが資産の事業です。勢い、才能やひらめきや僥倖に左右されがちです。才能らしきものを持たない私達がピープルにかけるささやかな夢は、ある朝突然授かるかもしれない神の啓示や天才の登場に頼らずに、おもちゃと人間が好きな普通の人たちの手で、優れた創造をコンスタントに産み出してゆく企業システムの開発なのです。


fhiyoshi at 00:06|PermalinkComments(0)